アレルギー体質で万年ひざが汚い。体質改善で通った皮膚科の謎。

膝が汚い四十路のつぶやき

今年の夏も海に行くことが決定しました。
このひざを白昼の元に晒すのがツライです。

万年、どこかしら「かゆい」ところがある。

金属アレルギーがありまして、ニッケル、革製品を付けると必ずかぶれる体質です。

アクセサリー類はニッケルフリーの物をしていて、つけた部分がかぶれる事はなくなりました。

でも、アクセ類をつけてなくても、自分の汗だったり、摩擦・刺激で、肌はいつもどこかしらかゆくてトラブルが絶えないです。

一番ひどいのがひざ。かさぶた、皮むけ、黒ずみ…

晒します。どん

お見苦しい画像で恐縮です

スカートなんて冠婚葬祭しか履かないけど、この膝を見るたび悲しくなる…。
もちろん皮膚科も通ってますよ。でもステロイドのクリームが出るだけなんですよね。

かゆみは収まっても、きれいな皮膚が再生する前に、またかゆくなって掻いて掻き壊してって感じ。

少し落ち着いたころに、薬じゃないクリーム(尿素関係とか)を塗ると、また痒くなる。
塗るもの付けるものに対しての反応が、半端ないくらい痒みで返ってくる。

5月、6月と、少し汗ばむ時期が一番やばい。

逆に真夏はそうでもなかったりするんですよ、なぜか。

今くらいの時期、寝入る頃、頭がぼーっとしてきたときに、膝の温度が上がってきて(入眠で皮膚温度が上がってくる?)、湿度も高くて皮膚がじっとりしてくるともう痒い。
ボリボリボリ…と爪でいってしまう。

眠いもんだから「掻いちゃダメ!」っていう理性がまるで効かない。
心行くまで掻いて、落ち着いたら寝てる…。

一番いいのは「とにかく掻かない」さわらない!

皮膚が再生されるのをじーっと我慢の子で待つしかない。

私のはアトピー性皮膚炎ではないと言われたけど、じゃあ何なんだって感じ。
結局はステロイドでしかかゆみを抑えることができないのに。

外部からの刺激に対しての反応が過敏

大きいくくりで言えば「アレルギー」なんだろうね。
意外にも顔には出ない。汗もかくし、化粧もするのに。

ずっとニキビに悩んでいる人の悩みが私にはわからないように、この体の繰り返す痒みも人にわかってもらえないんですよ。
実の母でさえ、何?その汚いの…って言う。

体質を変えたくて、一時期通っていた皮膚科

もうずっと前の話になりますが。

同じくアレルギー持ちの友達に勧められて、ある皮膚科クリニックに通ったことがある。
その子はどっちかというとアトピー系の体質。
あとサバなんかでじんましんが出やすい子だった。

都内、西武線沿線の某駅の、駅前にあった皮膚科。

当時の職場から40分くらいかけて、退勤後通ってました。
週に一回。

その皮膚科はアレルギーなどの体質を改善することを謳っていて、ちょっと変わった治療法をやっていました。

  • 採血する。
  • 血液が入った試験管を遠心分離器にかける。
  • 血液が分離して、黄色っぽい薄い液体(=血清)と、赤い部分の二層に分かれる。
  • その「血清」を上腕部に注射する(筋肉注射)。

という流れなんですけど。

こういう事をやっている、っていうハナシを他で聞いたことがなかった。
治療法名で言えば「自己血清注射」っていうのになると思います。

自分の身体のデータを、身体に再度読み込ます?みたいな考え方??

トンデモ健康法の「飲尿健康法」に近いのかもしれない。

(さくらももこさんのエッセイ“もものかんずめ” で初めて飲尿健康法を知った時は衝撃だった)

その皮膚科は、その治療法が有名だったのか、まぁまぁ混んでいる。
でも診察っていうより、その注射→血清注射だけだったので、パパっと済んでしまうんだけど。

正直、キレイな病院じゃなかった。

採血をするところ(処置室)の窓にかかっていたブラインドは所々折れていて薄っすら汚い。

採血をした後に貼る綿を止めるサージカルテープが、まとめて数十本切っておいて、デスクの淵にくっつけてあったり「えっ?」って思う事が多々あった。

医師もなんだかインチキじゃね?って数回通って薄々気付いてきて。

友達ももう行かなくなっちゃったし、自然にフェイドアウトしてしまった。
次の予約とかそんなもんも全然ないし。

一体あれは何だったんだろう?

今ふと。あの病院の事を思い出して、某駅の皮膚科で検索したけど、なかった。つぶれたっぽい。

3か月くらいは通ったかな~。でも一向に体質は変わってないのはあきらか。
その友達も健康オタクで、一緒にハリ治療に通ったこともある(笑)。
お互い、やっぱり体質は変わっていない。

根本的なところで、もうこの体質が変わることがないんだろうなという諦め…。

今夜もたぶん掻いてしまうでしょうな。あーつらい。

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました